改装前の古民家にもともとあった昭和のモノ。

改装の第1ステップは大掃除。

 

simme 改装前の外観

↑ 改装前の カフェsimme

 

一軒家を全て片付けようとすると、片付け品の量は、●トン以上もありました。

それを2-3人で、せっせと分別し、何日間もかけて、ひたすらトラックなどで運びだすところから始まります。

12月末だったので、寒かったなあ..。

 

片付け品の中には、昭和築民家ならではのモノがいろいろ。

 

そのいくつかは、いま、simmeの店内で活躍してくれています。

 

① SINGERのミシン台

singer

 

倉庫を掃除していたら、奥のほうに大切に仕舞われていました。

発見した時は、レトロな佇まいが可愛く、宝物を見つけた気分。

さて、なにに使わせていただこう…。
お客様用のテーブル、商品のディスプレイ棚…。

いろいろ考えたあげく、玄関で、一番最初にお客様をお迎えしてくれています。

 

② 古いタンス

たんす

③1950-70年代の『暮らしの手帖』

暮らしの手帖

 

2階部屋にあった古いタンス。

味があっていいなあと思い、棚として再利用させていただいてます。

 

棚の中には、別の本棚に眠っていた昭和発行の「暮らしの手帖」も一緒に。

50年以上前の当時の文化が垣間見れます。今でも役に立つ貴重な暮らしの情報がいっぱい。すばらしい雑誌だ。おもしろい。

 

④ちょっとレトロな扇風機

ほぼ新品の状態で、押し入れで登場を待ってくれていました。

昭和56~58年製造の、東芝製。

いいかんじの緑色が、simme にぴったり。

毎年、初夏から秋まで大活躍。涼しい風を届けてくれています。

11265607_802729299823481_2201628874467891656_n

 

 

どれもがもともとこのお家にあったものだからか、

店内の雰囲気に馴染んでくれて、毎日いい雰囲気を出してくれています。

 

つづく。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で